延岡市応援メニュー

1.バスなど公共交通の充実

長年頑張ってこられた方々が、運転免許証を返上しても通院や買い物が安心してできるよう、路線バスや『まちなか循環バス』、コミュニティバス等の交通ネットワークを拡充していきます。

2.「世界一の子育て・教育のまち」を目指した子育て支援や教育の充実

保育園・幼稚園・児童クラブ等への支援や英語・ICT教育等の充実、特別支援教育の充実を図るとともに、世界トップレベルの工業技術やアスリートを育ててきたまちとして子どもたちの「生きる力」を育むための「(仮称)延岡こども未来創造機構」の設立などに取り組みます。

3.医療・介護・福祉施策の充実

ご高齢の方や障がいをお持ちの方をはじめ市民の皆様が、住み慣れた地域の中で、安全・安心で自立した生活が送れるように、医師の誘致や高齢者の生きがいづくり、障がい者の自立支援、介護サービスの充実、さらには「365日駆け込み寺」とも言える「ワンストップ何でも総合相談センター」の設立など医療・介護・福祉施策の強化を図ります。

4.「城下町 延岡」「神話の里 延岡」の豊かな文化・歴史を大切にしたまちづくりや観光振興

国宝等一級の文化財や美術品の展示も可能とするための内藤記念館の再整備や、旭化成株式会社創立100周年に向け取り組んでいる野口遵記念館の建設を推進するとともに、城山公園や西郷隆盛宿陣跡資料館などの整備、保存、景観・環境整備などに取り組みます。また、高千穂町や日向市等とも連携し「神話の里」としての広域的な観光振興に取り組みます。

5.中心市街地の再生

土曜夜市をはじめ、かつて賑わっていた中心市街地にIT企業や医療機関などを誘致するなど、中心市街地を「交通」「生活」「仕事」の3つの拠点として再生していきます。

6.雇用の場の確保

東九州自動車道(北九州~宮崎間)の開通に加え、九州中央自動車道(延岡~熊本間)の整備が進む中、「東九州のクロスポイント(十字路)」としての延岡の地理的優位性を活かしながら、地元企業がもっと事業規模を拡大できるよう、販路開拓等を支援するとともに起業等を支援する新たな仕組み「(仮称)延岡経済リンケージ機構」の設立を進めます。また、既存の工業用地が売り切れつつある中、新たな工業用地を整備し、製造業・ 物流・IT等の企業誘致にさらに取り組みます。

7.移住・定住の促進

人口減少に歯止めをかけるために、子育て支援や教育、医療、介護、交通ネットワーク、雇用などの拡充を図るとともに、延岡市内での住居や仕事の確保等に向けた活動への支援を行うなど、延岡市への移住・定住をさらに促進するための様々な取組みを行います。

8.豊かな自然に育まれた農林水産業の振興

豊かな自然に育まれた農林水産業の活性化を図るため、農林漁業関係者の「所得アップ10%」対策や基盤整備、販路拡大などに取り組みます。

9.アスリートタウンづくり

多くのオリンピックメダリストをはじめトップアスリート達を輩出してきたアスリートタウンとして、大規模な大会や合宿等をさらに誘致するとともに、各種スポーツ施設の整備・改修等に取り組みます。

TOPICS

最新版カタログ配布中です!

皆様にもっと延岡のおいしいものを知ってもらいたい。そんな思いで出来上がった最新版カタログを配布中です。

純粋蜂蜜など新商品追加!

豪華な返礼品が追加されました。岩牡蠣、お肉、お米に工業製品など幅広く取り揃えています。

延岡育ち、日本一の宮崎牛

優秀な種牛から生まれた仔牛を畜産家の皆さんが愛情たっぷりに育てた、まさに延岡の「いいとこセレクト」ふさわしいお肉です。

脂身もおいしい!延岡よっとん®

「延岡よっとん®」は、EM菌(善玉菌)をエサや寝床に使うことで、豚の腸内環境や豚舎全体の微生物環境を整える飼育方法で育てた豚肉です。

年末限定セット人気です!

年末用の海産物セットです。旬の美味しいお魚や豪華伊勢海老をお届けします。

もっと「おいしいのべおか」へ。

宮崎県延岡市は、豊かな海の幸・大地の恵みを活かして、東九州バスク化構想を進めています。

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税とは、「ふるさと」に貢献したい、「ふるさと」を応援したいという納税者の皆様の思いを実現するため、地方公共団体(都道府県・市区町村)への寄附金について、所得税及び個人住民税を軽減する制度です。

ふるさと納税の流れ


寄附金額から、欲しい商品を決めてください。商品が決まったら、「商品詳細へ」をクリックします。

ふるさとチョイスのサイトへ飛びます。必要事項を入力の上、寄附金の使い道をお選びください。

クレジット、ゆうちょ銀行納付書、市発行納付書、口座振込み、現金書留から支払方法をお選びください。

商品が届きます。※選んだ商品によっては、発送に時間がかかる場合があります。

寄附金の控除について

寄附金のうち、所得税と個人住民税では、2,000円を超える部分について(ただし限度額あり)、税法の規定に基づき以下の寄附金控除の優遇税制を受けることができます。延岡市から発行される寄附金受領証明書を添付し、確定申告をしてください。
※寄附金受領証明書は、延岡市で入金が確認できた日以降に発行いたします。

①所得税の控除額=(寄附金額-2,000円)×(適用される所得税率(5%~40%)×1.021(復興特別所得税分)
※控除対象となる寄附金額は、地方公共団体に対する寄附金以外の寄附金と合わせて、総所得金額等の合計額の40%が上限となります。
※復興特別所得税は平成25年分から平成49年分まで所得税に加算されます。

■個人住民税②と③の合計額が寄附をした翌年の個人住民税から控除されます。

② 基本控除額=(寄附金額-2,000円)×10%(市民税6%+県民税4%)
※控除対象となる寄附金額は、地方公共団体、住所地の共同募金会及び日本赤十字社、地方公共団体が条例で定める公益社団法人等に対する寄附金の合計額。ただし、総所得金額等の30%が上限となります。

③特例控除額=(地方公共団体に対する寄附金の合計額-2,000円)×{90%-(適用される所得税率(5%~40%)×1.021(復興特別所得税分)}
※平成27年以降に寄附した寄附金から特例控除額の上限は個人住民税所得割の20%となります。なお、平成26年までに寄附した寄附金については10%が上限です。

●寄附金控除の計算イメージ

平成27年中に給与収入700万円で4人家族、所得税率10%(復興特別所得税2.1%が加算)、個人住民税所得割額293,500円の人が延岡市へ30,000円の寄附をした場合。

【所得税の控除額】
(30,000円-2,000円)×(10%×1.021)=2,858円・・・①

【個人住民税の控除額】
■基本控除額 (30,000円-2,000円)×10%=2,800円・・・②
■特例控除額 (30,000円-2,000円)×{90%-(10%×1.021)}=22,342円・・・③

22,342円<58,700円(上限額:個人住民税所得割額の20%)

以上より、①②③ を合計した28,000円の税控除を受けることができます。

●ワンストップ特例制度について

確定申告を行わない給与所得者等の方は、個人住民税課税市町村に対するふるさと納税(寄附)の控除申請を寄附先団体が本人に代わって行うことを要請することができます。この場合、確定申告が不要となります。

【申告特例の申請】 寄附する際に寄附先団体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(省令様式第55号の5)により申請が必要です。
寄附する度に申請が必要ですので、同じ団体に3回寄附した場合は、3回申請書を提出することになります。

【住所変更した場合 】
住所変更などにより、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(省令様式第55号の5)に記載した内容(電話番号を除く。)に変更があった場合は、翌年1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」(省令様式第55号の6)を寄附先団体に提出する必要があります。

【申告特例控除 】
寄附先団体から翌年1月末日までに申請書等に記載の住所地の課税市町村へ「寄附金控除に係る申告特例通知書」(省令様式第55号の7)が送付され、課税市町村において、申告特例控除が適用となるか無効となるかの判定を行います。
本特例が適用される場合は、翌年度の個人住民税において、基本控除額及び特例控除額の控除に加え、所得税控除分相当額が申告特例控除額として控除されます。(所得税の寄附金控除が受けられませんが、確定申告を行った場合と同額が控除されることになります。)

※注意事項 本特例の申請をされた方が、確定申告や住民税申告を行った場合(医療費控除等による場合も含む。)、あるいは5団体(同じ団体に複数回寄附しても寄附先の団体数は1となります。)を超える地方団体へのふるさと納税(寄附)を行った場合は、本特例の申請は無効となり、住民税の基本控除額、特例控除額及び申告特例控除額は控除されません。
この場合、所得税の寄附金控除及び住民税の寄附金税額控除(基本控除+特例控除)を受けるためには、税務署に寄附金受領証明書を添付して確定申告書を提出する必要がありますので、ご注意ください。

お問い合わせ

延岡市ふるさと納税・フードプロモーション推進室
〒882-8686 宮崎県延岡市東本小路2番地1高層棟3階
TEL.0982-34-7833 FAX.0982-22-7080